株式会社リプロス
電話で無料相談
無料相談・簡易見積大歓迎
  • メールで無料相談
  • LINEで無料相談

2021年10月5日

台風による雨漏り

おはようございます!☀ 埼玉の屋根・外壁塗装総合リフォームのリプロスです!

また台風が通り過ぎましたね🌀

皆様のご自宅では雨漏りは起きていないでしょうか。

台風で雨漏りになる事は少なくありません。

今回のブログでは台風で雨漏りが発生してしまった方に向けて、雨漏りの対処法と自分でできる応急処置、起きてしまった原因について解説していきます。

1.雨漏りが発生する原因

  • 経年劣化
  • 外壁塗装の失敗
  • 塗装工事以外での工事

経年劣化

外壁や屋根、コーキングは時とともに劣化いたします。

劣化していくとチョーキングやひび割れ、反りなどが発生し、雨水が建物内部に浸水していきます。

そうなることで雨漏りが発生します。

外壁塗装の失敗

前回行った外壁塗装の失敗、

正常に塗装されていない

正常にコーキングが補修出来ていない

正常にひび割れを補修出来ていない

などの場合に加え、さらに台風などが発生すると雨漏りになります。

塗装工事以外での工事

また、外壁塗装工事でなくとも太陽光パネルの設置などの工事の際になにか不手際があった際にも雨漏りは発生しやすくなります。

2.雨漏りが起きてしまった時の対処法

自分での応急処置は後程説明致しますが、それも長くは持ちません、むしろ補修せず放置したままでいるとどんどん被害は拡大していってしまうので、雨漏りが発生してしまったならなによりも早くプロに診断してもらうのをおすすめします。

資格もちのプロに診断してもらうことで雨漏りの発生原因が分かり、正しい補修が行えます。

3.自分でできる応急処置

必要なもの

  • 防水テープ
  • ブルーシート

あくまで応急処置になり、被害の拡大速度を少しでも遅くするための行為ですが、雨漏りの発生場所が分かる場合には防水テープ、分からない場合にはブルーシートで一気に覆ってしまいましょう。防水テープは濡れていると剥がれてしまいます。ブルーシートはしっかりと抑えておかないと風に飛ばされてしまい雨水から守れなくなります。

以上の事に気をつけながら、雨漏りへの対処を行ってください。ただし雨漏りは正しく補修を行わないとまた発生しやすくなったり、知らぬうちに雨漏りが進行して建物内部を腐らせてしまう可能性があります。

ですから、外壁劣化診断士などの資格をもった信頼できるプロにお任せする必要があります。

信頼できるプロの外壁塗装業者を見分けるには『相見積もり』が必要です。

まずは是非弊社の無料見積もりを依頼していただき、他社の見積もりもいくつかとり、信頼できる塗装業者を見つけてみてはいかがでしょうか。

弊社リプロスでは外壁劣化診断員、一級塗装技能士が在籍しており、正しい診断、正しい補修が行えることをお約束いたします。

エリア別で見る塗装施工事例

施工内容別でみる施工事例

電話で無料相談
無料相談・簡易見積大歓迎
  • メールで無料相談
  • LINEで無料相談

CopyRight repros Publishing co.,Ltd

営業時間